アルギニンで下痢・頭痛・巨人症になるって本当!?副作用と摂取量について

MENU

アルギニン副作用と摂取量|下痢・頭痛、子どもは巨人症などに注意

アルギニン

アルギニンには疲労回復や血行促進、免疫力の強化などの働きをします。さらに、伸長促進効果などもあるので、最近では子どもにもアルギニンサプリを摂取させるケースが増えてきています。しかし気になるのはアルギニンによって起こる副作用です。

 

アルギニンは毒性はかなり低いと言われている成分なので、副作用のリスクはあまりありません。しかし何事にも限度があり、効果を期待して過剰に摂取してしまうと副作用の危険性が出てきてしまいます。

 

アルギニンは効果が高い魅力的な成分ですが、その反面、身体に働きかける強さが限度を超えてしまうと身体に負担をかけてしまいます。もちろん、用法用量を守ればそういった問題は起きないので、大量摂取は避けましょう。

アルギニンの副作用とは

下痢

アルギニンを摂取して、一番出やすい副作用の症状といえば、下痢です。アルギニンはアルカリ性ですので、過剰に摂取すると胃腸に負担を欠けてしまう可能性があります。そうすると、腹痛・下痢といった副作用が出やすいのです。このような胃腸の違和感・腹痛・下痢などといった症状が出た場合、気づいた時点でアルギニンの摂取を中断してください。症状が治まらない場合は、医療機関を受診しましょう。

 

頭痛

アルギニンを摂取すると、頭痛の症状を起こすことがあります。アルギニンには血管拡張作用によって、血流改善の効果があります。血流が悪い人には良い作用なのですが、血液の循環が正常な状態の人がアルギニンを摂取すると、脳の血管が拡張し頭痛が起こりやすくなるそうです。そのため、頭痛を起こしているタイミングでアルギニンの摂取は控えましょう。

 

巨人症

アルギニンの過剰摂取により、子どもは巨人症という体の一部が大きくなる病気になる可能性があります。子どもは、元々成長ホルモンを多く分泌するので、アルギニンを摂取することが逆効果になってしまいます。巨人症の副作用の出るケースは非常に稀ですので、そこまで心配はいりませんが、身長を伸ばそうとアルギニンサプリを子どもに過剰摂取させることはやめましょう。

 

アルギニン摂取の注意点

アルギニンの1日の推奨摂取量は3~5g程度と言われています。効果を高めようと、守られた摂取量を過度に超えて摂取してしまうことは危険です。アルギニン自体は、食品から摂取することが出来ます。特に子どもは過剰摂取のリスクも高まりますので食品から摂取することが望ましいでしょう。日常の食生活でなかなかアルギニンの摂取が難しい場合は、サプリメントを用法用量を守り利用しましょう。

▼アルギニンも追加されリニューアルして登場!▼

マカ&クラチャイダム12000+

>>マカ&クラチャイダム12000+の詳細はコチラから<<


▼精力増強&滋養強壮に効果的なアルギニンサプリを厳選比較▼

アルギニンサプリ総合ランキング

>>アルギニンサプリの成分・効果・価格を考慮たBEST3はこちらから<<

【アルギニンの副作用】の関連記事

アルギニン

アスリートやトレーニングをする上でおすすめの成分の一つに、アルギニンがあります。アルギニンはアミノ酸の一種で、人間の体内で生成される量が少ないため、食事やサプリメントからの摂取が推奨されています。アルギニンの筋肉増強効果アルギニンの効果には...

アルギニン

アルギニンは、成長ホルモンの分泌を促進し、身長を伸ばす効果があるといわれ、低身長で悩む子どもに、アルギニンを摂らせて上げたいと考える保護者も多いのではないでしょうか。ところが、子ども向けとして販売されているアルギニン配合のサプリメントは、身...

アルギニン

体内で育成される非必須アミノ酸であるアルギニンは、スーパーアミノ酸と呼ばれるほど健康や美容に効果的とされています。ただ小さな子どもでは体内で育成できないために必須アミノ酸と数えられます。このように大人では非必須アミノ酸ながら身体に多くの効果...

アルギニンは健康な体作りの手助けをしてくれる成分ですが、美容にも効果があり、非常に優れた美肌成分であるとも言われています。女性にとって、最大の敵とも言えるのが老化でしょう。例えば、肌荒れくすみたるみしわシミ肌の乾燥といった問題は深刻です。肌...